鎮痛剤(麻酔)を使用して苦痛を抑えた胃カメラ(胃内視鏡検査) 鎮痛剤(麻酔)を使用して苦痛を抑えた胃カメラ(胃内視鏡検査)
鎮痛剤(麻酔)を使用して苦痛を抑えた胃カメラ(胃内視鏡検査) 鎮痛剤(麻酔)を使用して苦痛を抑えた胃カメラ(胃内視鏡検査)
鎮静剤(麻酔)を使用して苦痛を抑えた胃カメラ(胃内視鏡検査) 胃がん・消化器疾患は定期的な検査で早期発見・治療・予防につながる 日本消化器内視鏡学会専門医による胃カメラ検査/胃・大腸カメラを同日検査が可能/土日祝いつでも検査可能 鎮静剤(麻酔)を使用して苦痛を抑えた胃カメラ(胃内視鏡検査) 胃がん・消化器疾患は定期的な検査で早期発見・治療・予防につながる 日本消化器内視鏡学会専門医による胃カメラ検査/胃・大腸カメラを同日検査が可能/土日祝いつでも検査可能
胃内視鏡検査 専門サイト胃内視鏡検査 専門サイト
TOPへ

このようなお悩み・症状
ありませんか?SYMPTOMS

このようなお悩み・症状はありませんか? このようなお悩み・症状はありませんか?

このような症状がみられる方は
胃カメラ検査(胃内視鏡検査)
による
精密検査を受けることを
お勧めしています

大阪なんば内科・消化器内視鏡クリニックの胃カメラ検査(胃内視鏡検査)とは

大阪なんば内科・消化器内視鏡
クリニックの
胃カメラ検査
(胃内視鏡検査)とは

胃カメラ検査とは、小型のカメラや照明器具のついたスコープを、口または鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸の粘膜を観察する検査です。観察の際には、視野を拡大したり、特殊光を当てて病変を強調したりすることができます。
現在、胃カメラ検査は、逆流性食道炎や食道がん、胃炎、胃がん、十二指腸がん、胃・十二指腸潰瘍などのさまざまな疾患を、もっとも確実に、早期に発見できる検査と言えます。
スコープの先端には鉗子が収納されており、粘膜組織を採取して病理検査を行ったり、ピロリ菌検査を行ったりすることもできます。

(胃内視鏡検査)
胃カメラ検査で見つかる
疾患

40歳を超えたら胃カメラ検査を受けましょう ―DISEASE

胃カメラ検査では、咽頭がん・喉頭がんといったのどの病気から、逆流性食道炎や食道がんなどの食道の病気、胃炎・胃潰瘍・胃がん・十二指腸潰瘍・十二指腸がんなどの胃・十二指腸の病気を発見できます。
また、胃がんの大きなリスク因子であるピロリ菌の感染の有無を調べたり、胃のアニサキスを発見しその場で摘出したりといったことも可能です。

(胃内視鏡検査)胃カメラ検査メラ検査で見つかる疾患―40歳を超えたら胃カメラ検査を受けましょう― (胃内視鏡検査)胃カメラ検査メラ検査で見つかる疾患―40歳を超えたら胃カメラ検査を受けましょう―

咽頭・食道の病気

  • 咽頭がん
  • 逆流性食道炎
  • 食道ポリープ
  • 食道静脈瘤
  • 食道粘膜下腫瘍
  • 食道アカラシア
  • 喉頭がん
  • 食道がん
  • 食道裂孔へルニア
  • 食道カンジダ症
  • 食道乳頭腫 など

胃・十二指腸の
病気

  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃潰瘍
  • ピロリ菌感染
  • 萎縮性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 胃がん
  • 機能性胃腸症
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 胃アニサキス症
  • 十二指腸潰瘍 など

アクセス

〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中1丁目6-8
Osaka Metroなんばビル3階

Googleマップはこちらへ

電車でお越しの方

・Osaka Metro
 御堂筋線なんば駅から直結徒歩1分
・南海電鉄なんば駅から徒歩2分
・JR難波駅から徒歩6分

大阪なんば内科・消化器内視鏡クリニックの
胃カメラ検査(胃内視鏡検査)特徴FEATURES

01 FEATURES
鎮静剤による、苦痛・恐怖心をほとんど感じない胃カメラ検査 鎮静剤による、苦痛・恐怖心をほとんど感じない胃カメラ検査

鎮静剤による、
苦痛・恐怖心を
ほとんど感じない
胃カメラ検査

鎮静剤を用いることでウトウトとした状態になり、苦痛や恐怖心をほとんど感じないまま検査を受けることができます。
嘔吐反射が起こりやすいという方も安心です。 過去の鎮静剤なしの胃カメラ検査が辛かったという方、初めての胃カメラ検査で不安が大きいという方も、ぜひ当院にご相談ください。

経口内視鏡と経鼻内視鏡を
選択できます

当院の胃カメラ検査では、スコープを口から通す従来式の「経口内視鏡」と、極細設計で鼻から通す「経鼻内視鏡」のどちらかを選択することができます。

経口内視鏡
経口内視鏡 経口内視鏡

直径8~9ミリの内視鏡です。口から挿入し、食道へと送りますが、途中で舌の根に触れるため嘔吐反射が起こりやすいのが難点です。ただ、鎮静剤を使用すればそれほど心配する必要はありません。
鼻血が出やすい方、ひどい鼻詰まりや鼻ポリープがある人は、経口内視鏡をおすすめすることがあります。

経鼻内視鏡
経鼻内視鏡 経鼻内視鏡

直径5~6ミリの内視鏡です。鼻から挿入し、食道へと送ります。舌の根には触れないため、嘔吐反射のリスクが少なくなります。鎮静剤を併用すれば、さらに安心です。「細いから精度は落ちるのでは」と心配される方もいらっしゃいますが、病院などでがんの進行度を厳密に評価するのではなく、「がんなどの病気を見つける」という意味の精度においては、経鼻内視鏡が劣るということはありません。
ただし、経口内視鏡と比べるとやや操作性が低く、胃をふくらませる時などに多少時間がかかるということがあります。

02 FEATURES
経験豊富な内視鏡専門医による丁寧な検査・診察 経験豊富な内視鏡専門医による丁寧な検査・診察

経験豊富な
内視鏡専門医による
丁寧な検査・診察

日本消化器内視鏡学会専門医が、豊富な知識と経験を活かしながら、丁寧に検査・診察を行います。
診察では、症状の種類や症状に気づいた時期、経過など、できるだけ詳しくお話しください。
患者様から頂戴する情報も、診断のために大変役立ちます。

03 FEATURES
高度で次世代の内視鏡システムを採用 高度で次世代の内視鏡システムを採用

高度で次世代の
内視鏡システムを
採用

最新の次世代型内視鏡システムを導入しております。疑わしい粘膜を拡大して観察したり、特殊な光を当てて病変を強調したりすることのできる機能が搭載されておりますので、がんをはじめとする病気をより早い段階で発見することが可能です。

04 FEATURES
女性医師も在籍女性による内視鏡検査 女性医師も在籍女性による内視鏡検査

女性医師も在籍
女性による内視鏡検査

女性患者様の中には、「男性医師よりも女性医師の方が緊張しない」という方が少なくありません。
そういった方は、ご予約の際に遠慮なくその旨をお伝えください。在籍する女性医師が担当させていただきます。患者様がリラックスして、安心して検査を受けられることが大切です。

05 FEATURES
快適な検査の空間をご用意ストレッチャーのままリカバリースペースまで 快適な検査の空間をご用意ストレッチャーのままリカバリースペースまで

快適な検査の空間を
ご用意
ストレッチャーのまま
リカバリースペースまで

鎮静剤を使用した場合は、意識・足取りがしっかりするまで、30~60分ほど専用のリカバリースペースでお休みいただきます。
患者様には、検査を受けてそのままストレッチャーごと移動していただけますので、歩いて転倒したりする心配がありません。

06 FEATURES
お忙しい方のために土曜・日曜・祝日も胃カメラ検査に対応 お忙しい方のために土曜・日曜・祝日も胃カメラ検査に対応

お忙しい方のために
土曜・日曜・祝日も
胃カメラ検査に対応

お仕事をされている方など、平日がお忙しいということもあるかと思います。当院では、土曜日・日曜日・祝日も開院しており、胃カメラ検査を受けていただくことができます。
土曜日・日曜日・祝日は平日よりも予約が集中するため、お早めにご予約をお済ませください。

07 FEATURES
胃カメラ・大腸カメラ検査の同日検査も可能 胃カメラ・大腸カメラ検査の同日検査も可能

胃カメラ・大腸カメラ
検査の同日検査も可能

胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同じ日に受けていただくことも可能です。鎮静剤の使用、検査前日からの食事制限などが1回きりで済み、別日に受ける場合と比べて通院回数も少なくなります。

08 FEATURES
胃カメラ検査を含む人間ドックもご準備 胃カメラ検査を含む人間ドックもご準備

胃カメラ検査を含む人間
ドックもご準備

特に症状がないけれど定期的に調べておきたいという方のため、胃カメラ検査と血液一般検査がセットになった人間ドック「胃カメラドック」をご用意しております。
「大腸カメラドック」「胃大腸カメラドック」のコースもございます。

09 FEATURES
院内感染防止の徹底のため洗浄・消毒 院内感染防止の徹底のため洗浄・消毒

院内感染防止の徹底
のため洗浄・消毒

使用した内視鏡は、日本消化器内視鏡学会のガイドラインに基づき、「内視鏡洗浄消毒装置」を使用して徹底的に洗浄・消毒します。複雑な構造をした内視鏡の内側まで洗浄・消毒し、その後は厳格な衛生管理のもと、次の検査に備えて保管しておきます。
周辺器具についてもすべて洗浄・滅菌ののち、滅菌バッグにて保管しています。

胃カメラ検査(胃内視鏡検査)の流れFLOW

胃カメラ検査の基本的な流れをご紹介します。

STEP.01

ご予約

ご予約 ご予約

WEBまたはお電話でのご予約をお願いします。

STEP.02

診察

診察 診察

症状、服用中の薬、既往歴などについて、詳しくお伺いします。
その上で医師が診察し、胃カメラ検査が必要であるかどうかを判断します。

STEP.03

検査前日

検査前日 検査前日

検査の予約時間が午前中の場合は、検査前日の夕食を21時までにお済ませください。それ以降は絶食となります。
水、お茶、スポーツドリンクは普段通り飲んでくださって構いません。
検査の予約時間が午後の場合は、検査前日の食事に特に制限はありません。

STEP.04

検査当日

検査当日 検査当日

食事について

予約時間が午前中の場合は、引き続き絶食としてください。
予約時間が午後の場合は、軽い食事(普段の半分量)を予約時間の6時間前までにお済ませいただき、以降は絶食となります。

水分・お薬について

水、お茶、スポーツドリンクは、検査の1時間前まで適量摂っていただけます。
降圧剤、不整脈の薬などは普段通り飲んでくださって構いません。ただ、糖尿病の薬など一部の薬については、休薬が必要となります。事前に確認をさせていただきますので、指示を守っていただくようお願いします。

鎮静剤を使用される方へ

鎮静剤を使用する場合は、検査後当日中は車・バイク・自転車の運転ができません。
そのため、ご来院・ご帰宅の際は公共交通機関やご家族の運転する車などをご利用ください。

STEP.05

検査

検査 検査

必要に応じて鎮静剤の準備(点滴で投与します)を行った後、胃の中の泡を消す消泡剤を飲んでいただきます。
その後、鼻や喉に局所麻酔をかけ、鼻または口から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸の粘膜を観察していきます。

検査時間:5~10分

観察のみで特に問題がない場合には、5分程度で終わります。組織を採取する場合も、10分程度で終了します。

STEP.06

検査結果

検査結果 検査結果

鎮静剤を使用した方は、30~60分ほど、院内のリカバリースペースでお休みいただきます。準備が整いましたら、検査画像を見ながら、検査結果説明を行います。
組織を採取した場合は、その病理検査の結果について約10日後にご説明いたします。

検査後の注意事項

胃カメラ検査後は、以下の点にご注意ください。

  • 鎮静剤を使用した場合は、院内で30~60分ほど休んでいただいてから、検査結果説明となります。また当日中は、車・バイク・自転車の運転ができません。
  • 鎮静剤によって、頭痛、低血圧、低酸素血症、不整脈等の副作用が起こることがございます。通常は一時的なものでそれほど心配はありませんが、当院を離れた後、もし異常を感じた時には、すぐにご連絡ください。
  • 検査後1時間ほどは、麻酔が効いています。飲食は1時間後から再開可能です。まずは少量の水を飲み、むせたりしないようでしたら、食事を再開してくださって構いません。
  • 組織を採取(生検)した場合は、当日はアルコール、刺激物の摂取をお控えください。

胃カメラ検査(胃内視鏡検査)の費用COST

胃カメラ検査
(胃内視鏡検査)

内容胃カメラ検査+血液検査

3割負担5,160円~

自費 17,200円(税込)

胃カメラドック
(胃内視鏡検査)

内容胃カメラ+基本検査、血液検査、
胸部レントゲン、心電図、尿検査、腫瘍マーカー

27,000円(税込)

胃・大腸カメラ検査
(胃内視鏡検査/大腸内視鏡検査)

内容胃カメラ検査+大腸カメラ検査+血液検査

45,000円(税込)

各種クレジットカード・
電子マネーに
対応しています

※お詫び※現金以外の支払いは6月末から可能となります。(クレジットカード、各種QRコード支払いなど)

  • 各種クレジットカード・電子マネーに対応しています
  • 各種クレジットカード・電子マネーに対応しています
  • 各種クレジットカード・電子マネーに対応しています
  • 各種クレジットカード・電子マネーに対応しています

*「PiTaPa」はご利用いただけません

胃カメラ検査(胃内視鏡検査)のよくあるご質問Q&A

胃カメラ検査は、どのような時に受けるべきでしょうか?

急な吐血や下血があった、立ち上がるのも苦しいほどの急な胃痛があった、吐き気・胃痛・ムカつきが続いている、精密検査が必要と言われた、経過観察の診断を受けたまま放置しているといった時には、胃カメラ検査が必要です。その他の症状・状況においても、医師が必要と判断した時には胃カメラ検査を行います。また胃がんのリスクが高くなる40歳以上の方は、無症状であっても年に1度は胃カメラ検査を受けることをおすすめします。

胃カメラ検査は「苦しい」というイメージがあって、不安です。

まず鎮静剤を使用すれば、眠ったような状態で、ほとんど苦しさや痛みなく、検査を終えられます。また当院では、嘔吐反射の起こりにくい経鼻内視鏡(鼻から通す内視鏡)を導入していますので、さらに苦痛は和らぎます。経験豊富な内視鏡専門医が、次世代の内視鏡システムを使って胃カメラ検査を行いますので、どうぞ安心してご相談ください。

胃カメラ検査の前には、前もって受診して診察を受ける必要があるのでしょうか?

当院では、初診のその日に胃カメラ検査を受けていただけます。ただし、ご予約なしでお越しなったり、事前の食事制限をしていない場合、当日の検査が受けられないことがありますので、まずはWEBまたはお電話でご予約ください。もちろん、初診日は診察だけを受けて、胃カメラ検査の必要性を判断する(必要な場合は後日の予約をとる)という形でも結構です。

経鼻内視鏡と経口内視鏡、どちらが良いのでしょうか?

鎮静剤を使用した場合、どちらであってもほとんど苦痛なく検査を終えられます。より苦痛の少ない方法として、当院では基本的には経鼻内視鏡による胃カメラ検査をおすすめします。精度についても、ほぼ差がありません。一部、鼻腔が狭く鼻血のリスクが高い場合など、経口内視鏡をおすすめします。

胃カメラ検査の所要時間を教えてください。

観察のみで特に問題がなければ5分程度で、組織を採取する場合も10分程度で終わります。鎮静剤を使用した場合、検査後リカバリースペースで30~60分ほどお休みいただいてから、検査結果説明となります。

胃カメラ検査には、保険が適用されますか?

はい、何らかの症状がある場合、保険が適用されます。人間ドックとして受検した場合も、何らかの病変が見つかった場合には保険が適用されます。 自費診療になるのは、症状なく検査を受け、かつ何の病変も見つからなかった場合です。

胃カメラ検査後の注意事項はありますか?

鎮静剤を使用した場合、当日中は車・バイク・自転車の運転ができません。飲食は検査後1時間が過ぎれば再開できますが、むせやすくなっているので、まずは少量の水を飲み、のどの感覚を確かめてください。基本的に検査後の食事の制限はありませんが、組織を採取した場合は、当日中のアルコール・刺激物の摂取はお控えください。 その他、鎮静剤によって頭痛や低血圧、不整脈といった副作用が出ることがあります。もし当院を出てから異常を感じた時には、すぐにご連絡ください。

胃カメラ検査は、どれくらいの頻度で受ければ良いでしょうか?

その方が持っているリスクによって異なりますが、1つの基準としては、「胃がんのリスクが高くなる40歳以上の人は年に1回」というものがあります。もちろん、医師から定期的な受検の指示を受けている場合には、その頻度で受けるようにしてください。

妊娠中や授乳中は、胃カメラ検査を受けることができますか?

妊娠中の方の胃カメラ検査については、当院ではご遠慮いただいております。産婦人科を併設している病院などをご案内することになります。かかりつけの産婦人科医にご相談されることをおすすめします。授乳中については、当院でも胃カメラ検査を行うことは可能です。ただし、鎮静剤を使用した場合には、授乳時間を調整するなどの対応が必要です。

急に予定がなくなり、以前から胃の症状が気になっていたので、今日、胃カメラ検査を受けたいです。可能ですか?

はい、当日にご予約いただき、当日に胃カメラ検査を受けるということも可能です。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。空き時間を確認し、ご案内いたします。ただし、ご連絡なしでお越しになると、待ち時間が長くなる、あるいは予約がいっぱいでその日に受けられないとういことがございますので、ご注意ください。

検査当日、体調不良になりました。胃カメラ検査は受けられますか?

微熱などの軽い症状でしたら問題なく受けていただけます。ただし、症状の種類や重さによっては、当日の胃カメラ検査ができないこともあります。不安がある場合は無理をせず、ご来院前に一度お電話でご連絡ください。

医院概要
(診療時間/アクセス)CLINIC

ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリー